Raspberry Pi 4上のUbuntu 21.04でFirecrackerを動かしてみた

手順メモ。 公式のInstructionはここ。 firecracker/getting-started.md at main · firecracker-microvm/firecracker KVMは有効済みなのでOK。 拡張ACL設定 /dev/kvmにアクセスするための設定。 sudo apt install acl sudo setfacl -m u:${USER}:rw /dev/kvm Firecrackerバイナリ取得 ダウンロード。 release_url="https://github.com/firecracker-microvm/firecracker/releases" latest=$(basename $(curl -fsSLI -o /dev/null -w %{url_effective} ${release_url}/latest)) arch=`uname -m` curl -L ${release_url}/download/${latest}/firecracker-${latest}-${arch}.tgz \ | tar -xz バイナリを/usr/local/bin/に移動。 cd release-${latest} mv firecracker-${latest}-${arch} firecracker chmod +x firecracker sudo mv firecracker /usr/local/bin/ Firecracker実行 Firecrackerプロセスを起動し、API呼び出しを受け付ける準備をする。 sudo rm -f /tmp/firecracker.socket firecracker --api-sock /tmp/firecracker.socket 以降は別の端末を起動して実行。 MicroVM起動 以下のスクリプトを実行してKernelとRootFSを取得。 arch=`uname -m` dest_kernel="hello-vmlinux.bin" dest_rootfs="hello-rootfs.ext4" image_bucket_url="https://s3.amazonaws.com/spec.ccfc.min/img" if [ ${arch} = "x86_64" ]; then kernel="${image_bucket_url}/quickstart_guide/x86_64/kernels/vmlinux....

2021-05-29 Sat ·     "Masahiro Hiramori"

RaspbianにTensorFlow Lite 2.1とOpenCV 4を導入する

前回の記事で導入したRaspbian Busterに、TensorFlow LiteとOpenCVの環境を構築したのでメモ。 Python 3.7.7導入 $ sudo apt-get install -y git openssl libssl-dev libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev $ sudo apt-get install -y make build-essential libssl-dev zlib1g-dev libbz2-dev \ libreadline-dev libsqlite3-dev wget curl llvm libncurses5-dev libncursesw5-dev \ xz-utils tk-dev libffi-dev liblzma-dev python-openssl $ git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv $ git clone https://github.com/yyuu/pyenv-virtualenv.git ~/.pyenv/plugins/pyenv-virtualenv $ sudo vi ~/.bashrc # 以下を追記 # ここから export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv" export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH" eval "$(pyenv init -)" eval "$(pyenv virtualenv-init -)" # ここまで $ source ~/....

2020-04-27 Mon ·     "Masahiro Hiramori"

Raspberry Pi 3にRaspbian Busterを導入する

Raspberry Pi 3 Model BにRaspbian Busterを導入したので作業メモ。 実施環境 MacBook Pro 13インチ 2017年モデル macOS Catalina 10.15.4 Raspberry Pi 3 Model B Raspbian Buster with desktop Raspbianイメージを取得 $ cd ~/Downloads $ wget http://downloads.raspberrypi.org/raspbian/images/raspbian-2020-02-14/2020-02-13-raspbian-buster.zip Raspbianイメージを書き込み microSDカードをMacBook Proに接続する。以下のコマンドでイメージを書き込む。 $ diskutil list $ diskutil umountDisk /dev/disk2 $ cd ~/Downlaods $ unzip 2020-02-13-raspbian-buster.zip $ sudo dd bs=1m if=2020-02-13-raspbian-buster.img of=/dev/rdisk2 conv=sync $ sync $ diskutil umountDisk /dev/disk2 Raspberry Piにマウス、キーボード、ディスプレイを接続する。 microSDをRaspberry Piに入れ、microUSBケーブルを接続すると起動。 初期設定 デスクトップが起動すると初期設定画面が表示されるので、ユーザパスワード、無線LAN接続などを設定する。 デスクトップが表示されたら、端末からsudo raspi-configコマンドでコンフィグを起動する。 Interfacing Optionsを選択し、カメラを接続するためP1 Cameraと、開発用PCからリモートで接続できるようにP2 SSHとP3 VNCをそれぞれ有効にする。...

2020-04-25 Sat ·     "Masahiro Hiramori"