Contents

ONNX-MLIRにmacOSのCI設定を追加したときの試行錯誤メモ

2020年10月、ONNX-MLIRという機械学習コンパイラ(ONNXモデルを実行可能バイナリへ変換するツール)に macOSのCI設定を追加するPRを送り、マージされました。 本記事では、このPRを作成してからマージされるまでの試行錯誤を紹介します。

経緯

OSS機械学習コンパイラの調査の一環でONNX-MLIRを見つけ、開発用PC(macOS; MacBook Pro 13")に導入していました。 リポジトリ内を見ていたところ、x86-Linux、s390-Linux、x86-WindowsのCIは走っていますが、どうやらmacOSのCIはないみたいでした。 Issueに「macOS向けCIパイプラインを追加しようと思ってるけどどう?」と聞いてみたところ、 メンテナの一人から是非やってやって欲しい旨のコメントがあり、作業に着手しました。

CIサービスの選定

GitHubをサポートしているCIサービスはいくつかありますが、メンテナからはTravis CIでやって欲しいとの要望があったため、 Travis CI向けの調査に着手しました。

ONNX-MLIRでは、ビルドにDockerを使っています。 単一のDockerイメージでビルドするのではなく、以下のようにビルドを2段階に分ける構成とすることで、 依存ライブラリのビルド成果物を再利用可能となり、ビルド時間の短縮を実現しています。

  1. 依存ライブラリをビルドするDockerイメージ
    • llvm/mlirが一番大きな依存ライブラリで、ビルドに1時間程度かかる
    • 依存ライブラリの更新時にビルドされる
  2. 上記でビルドした生成物を使ってONNX-MLIR本体をビルドするDockerイメージ
    • このイメージはTravis-CI実行時に毎回ビルドされる

Travis CIとDockerのmacOSサポート状況を調査したところ、

  • DockerはゲストOSとしてのmacOSをサポートしていない(多分)
  • Travis CIのmacOS環境はDockerをサポートしていない(Using Docker in Builds

ため、Travis CIは使えないと判断しました。

ただ、実現したいことは「キャッシュ機構による高速化」であることは分かった、代替案の調査に着手しました。

別のCIサービスとしてGitHub Actionsを調査したところ、キャッシュ機構(actions/cache@v2)をサポートしており、これを提案しようと考えました。 (今考えると、Travis CIのキャッシュ機構を使えば同じことができますね。。。)

しかし、GitHub Actionsのキャッシュ機構は以下の制約があるとわかりました。

  1. 7日間以上アクセスのないキャッシュエントリは削除される
  2. リポジトリ全体でキャッシュサイズの上限が5GB

上記の制約があるが、GitHub Actionsは使えそうとのことをメンテナに相談したところ、 1.の制約は問題なく、2.が大丈夫ならGitHub Actionsを使おうとのコメントをもらいました。 というわけで、キャッシュ対象のファイルサイズの調査をします。

actions/cache@v2調査

キャッシュ対象のファイルサイズの調査の前に、どのようにキャッシュされているか知るためにactions/cache@v2を調査します。 GitHub Actionsは、リポジトリ全体でキャッシュサイズの上限が5GBという制約があります。 実はこのサイズは、キャッシュ対象の圧縮後のサイズを指しています。(公式ドキュメントには記載がなく、ソースコードを読むとわかりました)

以下のようにコードを読んでいくと、キャッシュ対象はGzip or zstdで圧縮されることがわかります。

1
await cache.saveCache(cachePaths, primaryKey);
1
2
3
4
5
const compressionMethod = await utils.getCompressionMethod()

・・・省略・・・

await createTar(archiveFolder, cachePaths, compressionMethod)
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
// Use zstandard if possible to maximize cache performance
export async function getCompressionMethod(): Promise<CompressionMethod> {
  if (process.platform === 'win32' && !(await isGnuTarInstalled())) {
    // Disable zstd due to bug https://github.com/actions/cache/issues/301
    return CompressionMethod.Gzip
  }

  const versionOutput = await getVersion('zstd')
  const version = semver.clean(versionOutput)

  if (!versionOutput.toLowerCase().includes('zstd command line interface')) {
    // zstd is not installed
    return CompressionMethod.Gzip
  } else if (!version || semver.lt(version, 'v1.3.2')) {
    // zstd is installed but using a version earlier than v1.3.2
    // v1.3.2 is required to use the `--long` options in zstd
    return CompressionMethod.ZstdWithoutLong
  } else {
    return CompressionMethod.Zstd
  }
}
 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
  function getCompressionProgram(): string[] {
    switch (compressionMethod) {
      case CompressionMethod.Zstd:
        return ['--use-compress-program', 'zstd -T0 --long=30']
      case CompressionMethod.ZstdWithoutLong:
        return ['--use-compress-program', 'zstd -T0']
      default:
        return ['-z']
    }
  }
  const args = [
    '--posix',
    ...getCompressionProgram(),
    '-cf',
    cacheFileName.replace(new RegExp(`\\${path.sep}`, 'g'), '/'),
    '-P',
    '-C',
    workingDirectory.replace(new RegExp(`\\${path.sep}`, 'g'), '/'),
    '--files-from',
    manifestFilename
  ]

というわけで、キャッシュ対象がキャッシュサイズ上限の5GBに収まるかを調べるには、 キャッシュ対象をGzipもしくはzstdで圧縮した後のサイズを見れば良いことがわかります。

キャッシュサイズ調査

次に、キャッシュ対象が上限の5GBに収まるかを調査します。 macOSの場合はzstdを使うようなので、zstdによる圧縮した後のサイズを見ます。

キャッシュサイズ調査を進めるにあたり、キャッシュ対象を考える必要があります。 ONNX-MLIRが依存するライブラリのうち一番大きいのはllvmのため、これを対象とします。 キャッシュの範囲としては、(1)ソースコードとビルド済みバイナリの両方を含める、(2)ビルド済みバイナリのみ、2パターンが考えられるため、それぞれの圧縮後のサイズを調査します。

またONNX-MLIRはビルドシステムとしてCMakeを使用しており、ビルド時のCMAKE_BUILD_TYPEオプションを指定することで、 適切なオプションを付けたビルドが可能です。 デフォルトではReleaseが指定されていますが、ビルド後のバイナリサイズを最小化するMinSizeRelを指定ことも可能です。

以上より、キャッシュ範囲2パターン×CMAKE_BUILD_TYPEオプション2パターン=4パターンの圧縮後のサイズを調査しました。 以下の結果を見ると、どのパターンでも圧縮後のサイズは2GB以下であり、上限の5GB以下でした。

キャッシュ対象 CMAKE_BUILD_TYPE=Release CMAKE_BUILD_TYPE=MinSizeRel
(1)ソースコードとビルド結済みバイナリの両方 1814 MB 1658 MB
(2)ビルド済みバイナリのみ 629 MB 681 MB

そのため、デフォルトのビルドオプションに一番近い、かつ、キャッシュ対象が一番広い 「(1)ソースコードとビルド済みバイナリの両方かつ、CMAKE_BUILD_TYPE=Release」を採用することとします。

ワークフローの設計

GitHub Actionsでは、実行する処理とその処理の実行条件を定義したものをワークフローと呼び、YAML形式で記述します。 今回のワークフローは以下としました。

  • Pythonバージョン
    • Python 3.7.8を使用
      • actions/pythonの制約で3.7.0が指定できないため
  • ビルド手順
    • 公式が提供するビルドスクリプト群を使用
  • キャッシュ対象
    • llvmのソースコードとビルド済みバイナリの両方
    • キャッシュキーはclone-milr.shbuild-mlir.shの中身

クローンしたリポジトリでこのワークフローをテスト実行したところ、問題なく完了しました。 複数回実行してキャッシュの効果を確認したところ、キャッシュにより7倍の高速化を確認しました。

  • キャッシュミス:1h 12m 0s
  • キャッシュヒット:12m 37s

PR提出

細かな修正をワークフローに加えて、PRを提出しました。

メンテナ側でテストしたところ、キャッシュの保管が失敗した際に、キャッシュキーが予約状態のままワークフローが終了してしまう問題が起きました。 対策として、actions/cacheIssueで紹介されていたキャッシュキーを手動で書き換えるワークアラウンドを適用し、問題が解決されました。

メンテナ側のテストでOKとなり、PRがマージされました。

おわりに

本記事では、ONNX-MLIRにmacOSのCI設定を追加した際の試行錯誤を紹介しました。 OSSメンテナとコミュニケーションを取りながらPRを作成し、無事にマージされました。 この体験は非常に楽しく、自身のモチベーションが上がるものでした。 今後も継続してOSSへ貢献していきたいです。